フリーランスウェディングプランナーとは?

オリジナルウェディングをご提案

日本でウェディングプランナーといえば、結婚式の提案会社から派遣されたり、
プロデュース会社から雇用されていたりするのが一般的です。
これに対して、フリーウェディングプランナーは個人事業主として活動しており、
新郎新婦様から直接ご希望をお聞きし、豊富な知識を駆使して、
お二人だけのオリジナルウェディングをプロデュースすることができます。

 

フリーウェディングプランナーがプロデュースするメリット、デメリット

 

メリット

二人だけのオリジナルウェディングがやりやすい

新郎新婦様の中には色んなイメージがあると思います。
こんな結婚式をやってみたい、あんな結婚式がしたい。
フリーランスウェディングプランナーのプランは自由にカスタマイズが可能なため、
お二人のご要望を簡単に実現させることができます!
大手の婚礼会社は数パターンのやり方しか婚礼プランがありません。
それは、企業側がプロデュースがしやすいためです。
フリーランスウェディングプランナーは、新郎新婦様と何回も
ミーティングを重ね、親身になって結婚式のプランを練っていきます。

費用を安く済ませることができる

フリーランスウェディングプランナーは会社員ではなく、
個人事業主として行っていますので、利益をそんなに優先しなくても
プロデュースを行うことできます。
ただし、新郎新婦様が凝れば凝るほど、当たり前ですが
費用は上がっていくため、何を凝ってどこを安く済ますか。
そういったこともフリーランスウェディングプランナーに相談することができます。

相談場所、日時を自由に相談することができる

フリーランスウェディングプランナーと直接ご相談の上
日時や場所などをお決めさせて頂くため、普段がお忙しい新郎新婦様でも
自由に時間を有効活用することができます。
デメリット

有名な式場で結婚式をあげづらい

有名な式場は、基本的に婚礼会社と契約を結んでいるため、
個人のプランナーが使うことは難しくなります。
気に入ってるレストランなど、持ち主の方が許可して頂けるのであれば、
どこでも結婚式をあげることができるのが、フリーランスウェディングプランナーの魅力です。

人気のフリーランスウェディングプランナーと契約が結びづらい

少人数でプロデュースを行っているため、契約が同時期にとりづらいというのも
デメリットの1つです。そのため、結婚する意志が固まった際には、
フリーランスウェディングプランナーに素早くコンタクトをとるのをおすすめ致します。

 

どんなご相談にもお気軽にご相談下さい

このサイトに訪れて頂いている新郎新婦様の中には、結婚式が無事行えるのかという
不安や焦りを抱えていることかと思います。そういった新郎新婦様の一番近いお側で力になりたいと願っています。もし少しでも結婚式についてご不安や、ご相談がおありでしたら、どんなことでも大丈夫ですので気軽にご相談下さい。
フリーランスウェディングプランナー家永恭子やスタッフ共々、
あなた様からのご連絡、心よりお待ち致しております。

The following two tabs change content below.
佐藤 慎一郎

佐藤 慎一郎

当サイトの管理者、主にサイトのデザインや記事の編集などを担当しております。また、結婚式の際は音楽などのプロデュースも行っております。 気に入った記事などありましたら、シェアやいいねなどよろしくお願い致します。

コメントを残す